Search

MAIN BLOG

leather hat&cap

レザーミーツニット

レザーミーツニット

Knittingbirdの田沼さん、今年1月大阪にて本部へお邪魔してたくさんの見本帳を見せてもらいながらニットのさわりをご教授いただきました。

田沼さんは20代(2014年現在)でもトップクラスのニットスペシャリストで糸の開発から多くのブランドのOEM、ニット講義、ワークショップ、WEBマガジンの編集とニットに関わることは一通りやられている方で、若手アパレラー界隈で知らない人なんかは「もぐりだ」と裏で言われてしまうのです。

今回はそんな田沼さんのお力を借りてレザー×ニットなアイテムを作りたいなと訪問しました。それからお家にも泊めていただきました。自転車にも乗せてもらったし、大衆BARにも連れて行ってもらったし、おすすめのアプリも教えていただきました。

ニットのレザーハットに適した糸と編み地探し

「持ち運べないくらいあるので見に来てください」と仰っていただけあって棚ぎっしりの糸&編み地サンプル

あぜ編みという編みがレザーニットハットに合いそう

モノトーンとカラフルな2色展開を計画

家庭用編み機というニット業界ではメジャーなマシンを動かしているところも見せてくれ、
後でやらせてください「いいよ。」と承諾を得てそのまま帰ってきました。

レザーも編めると家庭用編み機で編んでくれた

田沼さん:「熱で固まる糸とラメ糸を撚糸したオリジナル糸で、編み立て後、アイロンで溶かすと編んだ形のまま固まります。熱を当てていないところは柔らかいだけの編地で、ニットでこんなことも出来るんです。」

レザーハットにも使いたい糸

田沼さん有難うございました。 Leather meets knit & Knit meets leather
Copyright © 2010-2017 MAINICHI HIKAKU All Rights Reserved.